2018-07

Posted on 2018-07-06
7月の砂絵スケジュールです!(今月は愛媛のみです)

サンドアートの世界 2018.6.2_180611_0019

梅雨らしいお天気ですね。大雨で各地に被害が出ませんように。
写真は詩の朗読に合わせて絵を描いているところ。
私は会話も文章も言葉を扱うのが苦手で、人の輪の中で黙ってしまうことも多いのですが
言葉は好きです。少しずつ自分らしい言葉を身につけていきたいです。

7月8日 (日)
砂絵と影絵で踊ってみよう~光と影の世界へようこそ!
満員御礼です!


出演 合田緑(ごうだみどり)振付家/ダンサー
田村祐子 サンドパフォーマー

東温市アートヴィレッジでのダンス×砂絵アートの表現ワークショップ。カラダを自由にのびのび動かしながら、スクリーンに映る自分の影や砂絵の世界で遊びます。
いろんな物語が浮かび上がる光と影の世界へようこそ!

【対象年齢】およそ3歳から~大人まで
【料 金】ひとり1,000円
親子割(おとな+こども)1,500円
※1人追加につき+500円
(※要事前申し込み/定員20名程度)
【準備物】運動しやすい服装、水分
【申し込み/お問合せ】
東温市アートヴィレッジセンター
メール:nest-toon.engeki@art-village-toon.jp
TEL:089-990-7210  FAX:089-990-7220
※お申し込み時に①名前、お子様の年齢 ②住所 ③電話番号 ④メールアドレスをお知らせください。
———————————————————————————

7月11日 (水)
【refrain -砂とガラクタのシネマ-】
ゲストには、Eテレ「うたううあ」でおなじみの“ともとも”こと廃品打楽器奏者の山口ともさんを招きます。
逗子でお披露目出来なかった作品を2人で。
(^u^)楽しみすぎます。

出演 田村祐子 サンドパフォーマー
ゲスト 山口とも 廃品打楽器奏者

廃品打楽器奏者
山口とも (やまぐち とも)
つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。
以降フリーのパーカッショニストとして今井美樹・平井堅・石川さゆりなど数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加。
95年以降「音楽=音を楽しむこと」をモットーに、様々な年齢層の人が楽しめることを目指し、廃品打楽器を使った独自のパフォーマンスを展開する。
一度見たら忘れられない希有なキャラクターが世間から評価を受け、’03年4月からNHK教育テレビで放送された「ドレミノテレビ」では、
ううあ(UA)とともに進行役をつとめ、「ともとも」の愛称で親しまれて人気を博した。「宮川彬良のショータイム」「題名のない音楽会」ほかテレビ出演多数。
ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者。

19:00 開演 (18:30開場)

会場:松山市民会館・中ホール
チケット:一般 ¥2,900 /学生 ¥2,700 /小学生 ¥1,500
(前売・当日同じ)

ご予約:お名前・お電話・チケットの枚数を明記の上、以下までメールにてお申込みください。
reserve@dance-labo.info

✤詳細は、以下よりご覧ください。
http://www.dance-labo.info/

※このイベントは、松山大学・芸術Ⅰ(1)(2)の講義の一環として開催されます。
———————————————————————————-

7月14日 (土)
「MAKE・A・WISH of Japan 」
第4回 チャリティーコンサート

「メイク・ア・ウィッシュ」とは、
「難病と闘う子どもの夢をかなえる」ことを目的とした
国際的なボランティア団体です。

13:00会場 13:30開演
会場: 松山市総合福祉センター1階 大会議室

チケット 大人 1200円 中学生以下 600円
3歳以下 無料

出演 松島美紀 マリンバ奏者
田村祐子 サンドパフォーマー

☆お問い合わせ・ご予約・チケット購入
メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン 広島支部
082-504-3033 hiroshima@mawj.org

☆チケット直接販売
ヴァンサンカンパンセ 089-934-0025
愛媛県松山市二番町四丁目2-18